2005年10月30日

☆虐待について☆

今日、同じアセラで「虐待」の記事をみつけました。

心苦しく、とても悲しかったです。

絶対にあってはならない事なんですけど、まだまだ私達の知らない所で
大変なことが起こっているのを知っていただきたいと思って、
トラバして頂きました。

私は動物が好きです。人も好きです。
だからこの世の中から「虐待」は、絶対になくなってほしい。

本当に心から願っているし、自分でできる範囲で、協力していきたいと
思います。

ここからお入り下さいsoonhttp://yaplog.jp/manntenn/

ニックネーム エルmama at 20:34| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エルmamaさん。トラバありがとうございます。
TBの輪が広がって、幸せな子が増えてくれること、
祈るばかりです。
なんでこんな現状が起きてしまうのか、理解し難いですが、
とにかく少しでもお役に立てるのであればと、思っています。
こういった活動をされている方には、頭があがりませんね。
Posted by かおり at 2005年10月30日 20:58
♪かおりさん♪
とんでもないです。私が何かできる事って何かなって考えた時に、まずアセラで記事にする事だって思いました。
本当に、このような活動してくださってる方には、頭があがりません。
リンクさせていただきますね。
これからも、よろしくお願いします。
Posted by エルmama at 2005年10月30日 21:36
かわいいーーーーーーっ!!!!
pretty姫、かわゆいわぁ♪

ところで・・・虐待のお話・・・
今の私には本当にこたえる話です。泣いてしまいます。

ワンコも大切な家族の一員。絶対に私も虐待なんてあってほしくないと思います。
Posted by ラナ&クリス母ちゃん。 at 2005年10月30日 22:49
♪母ちゃん♪
ごめんなさいね。
母ちゃんには、ほんとこたえるかも・・。
でも、みんなに知ってほしくて、記事にしました。虐待は絶対あってはいけないですよね。
Posted by エルmama at 2005年10月31日 00:01
エルmamaさん、こんにちは。
ぶきっちょのmanntennです。(^^)
 
ブログの題材に、私のブログを取り上げて頂きまして、本当にありがとうございます。
 
ただ・・・29日の記事に、再・追記が出てしまいましたので、今日アップ致しました。
宜しければ、お暇な時に今日の記事も読んで頂ければ幸いです。
 
ブログにも書きましたように、TB&転載をして頂いてる方々の記事は、そのままで構いません。
こちらのブログに遊びに来てくださった方はわかってくださると思いますので・・・。
 
リンク、ありがとうございました。(^^)
ボー君のリンクに関しては、大元のHPがどこだかわからなくなってしまっていて、私も無断でリンクしてますので、もしも大元のHPさんから、リンクを外すように言われた場合は、外してください。
勝手ですが、ご了承お願い致します。m(_ _)m
Posted by manntenn at 2005年10月31日 11:27
本当に胸が痛くなります。
どうして同じペットなのに飼われたお家によってこんなに大きな悲劇が生まれてしまうんでしょうね。

ボーくんのお話も読みましたよーー。
私も「犬飼い」として勉強になりました。
大切なのは「ココロ」。
今日からもっとちょこたのココロに寄り添うことができるように努力していきます。

Posted by るん at 2005年10月31日 12:59
私たちの知らないところでは まだまだ
沢山の虐待や悲しいお話がありますよね。
思わず目をふせたくなるような事。。。
でも 同じワンを家族に持つ一人としては
そういうの ほんと 許せません
悲しすぎます。。。
その人たちに 「なんでそんな事 平気でできるの?」
聞いてみたいです。
ワンも同じ大切な命なのに。。。
こたろうを見てると どんなに悪さをしても
そんな事する気にすらなりません。
もっとペットに対しての虐待等を厳しく
取り締まる法律ができればいいのにと
いつも思います。
Posted by ひろ。 at 2005年10月31日 18:12
♪manntennさん♪
こんばんは☆
こちらこそ、訪問してくださってありがとうございます。
どうしても、皆様に知っていただきたくて・・。目をつぶりたくなるような、悲しい出来事ですが、見てみぬふりをするより、私に何かできればと思い記事にさせていただきました。

後、ボー君の件ですが、了解しました。
私も本HP探したんですが、見当たりませんでした。そういう事だったんですね。
わかりました。
これからも、よろしくお願いします。
Posted by エルmama at 2005年10月31日 19:02
♪るんさん♪
本当に心が痛くなりますよね。
ワンコ達は飼い主を選ぶことができません。だから、飼い主になった私達が責任をもって、そして愛情を注いであげないといけないと、強く思いました。

家の子達にも何頭か、虐待されていた子達がいるんです。でも、今は強い信頼関係ができました。私はこの子達を一生守りぬきます。

ちょこたちんも、るんさんに出会えて本当によかったって思ってくれてますよ(*^_^*)
Posted by エルmama at 2005年10月31日 19:08
♪ひろ。さん♪
虐待をしてる人って、本当にひどいと思うんですが、100歩譲って改めて考えると、かわいそうな人達かもしれませんね。
でも、だからって絶対に「虐待」は人間であっても、動物であっても絶対に許してはいけない事だと思います。

私も同感です。
どんな悪さをしても、かわいく愛しく思います。
Posted by エルmama at 2005年10月31日 19:14
エルmamaさん
虐待について・・。読ませてもらいました。信じられませんね。ご飯もあげられないのならどうした買うのでしょうか??カワイイとは思えないのでしょうか?本当に世の中にそんな人がいると思うと恐ろしいです。
Posted by レオン at 2005年10月31日 22:05
こんばんは。
ぶきっちょのmanntennです。
 
今回の事は、最初に私の所に来た連絡が「虐待現場より、15匹前後の子達を引き上げます。 11月3日に連れて行ける子だけでも連れて行くので、お預かりできるかどうかだけでも見に来てください」との連絡でした。
(私は一時預かりをするボランティアです)
なので、3日まで日も無いし、幸い私のブログは沢山の優しい人が来てくれてるから、もっともっとこの現実を見て欲しいと思って、すぐにブログに載せました。
私が早計に動いた事が、今回の訂正記事のような事にしてしまったのです。
 
ご迷惑をお掛けしました。m(_ _)m
 
皆さんのお気持ちもよくわかります。
私も誰が何て言おうが、虐待だと思ってます。
 
ですが、実際に現場で動いてる私達スタッフからすると、本当にこのぐらいは当たり前のようにある現実で、虐待と呼べないぐらいに頻繁にある事なのです。
これを虐待と思えないぐらい、悲惨な状況を見てきて、麻痺してるのかも知れません。
 
その辺りの事は、軽くですが今日(31日)の私のブログのエルmamaさんのコメントの返事に触れていますので、宜しければそちらも読んでください・・・。
 
皆さんのお気持ち、とても嬉しく思います。
本当にありがとうございます。
3日、お時間のある方は、是非いらしてください。
運搬ボラスタッフが、今の所1人しか動けないとの事ですので、沢山のワンちゃんは会場に連れて行けないかもしれませんけどね・・・(^^;)
 
Posted by manntenn at 2005年10月31日 22:25
エルmamaさん、(⊃д⊂)コンバン・・・∩・д・∩ ワァー★

読まさせて頂きました。。。(´;ω;`)
ホント、こうゆう記事を最近よく見かけては、心が痛みます。。。
まだ産まれたばかりの赤ちゃんまでもが・・・食べ物も満足に与えてもらえず、苦しんでいたなんて。。。
この子達全員に早く優しい飼い主さんが見つかって、今度こそ幸せな生活を送っていってほしいと強く願います。
そして、可哀想なワンちゃん達が今の時代多すぎるので、みんながみんな幸せになれる時代が早く来てほしいです。。。
もっとA、動物に対するきちんとした法律が日本でも出来てほしいですよね。。。
ホント、悲しいです。。。


そして、赤ちゃんのお名前ついに決まったんですね!
prettyちゃん、まさにピッタリなお名前ッO(o´∀`o)O
お顔もママにソックリになって来ましたねッヽ(○・v・○)人(●・v・●)ノ
Posted by at 2005年10月31日 23:33
♪レオンさん♪
本当に・・。
でも、最初はみんな「かわいー」からだと思うんです。でも・・その後のワンコの将来の事など、まだまだ考えていないのではないかと思ってしまいます。

♪manntennさん♪
こんな事が頻繁にあるのですか?
ほんとにほんとに、泣きたくなってしまいました。今生後58日になる仔犬がいます。
manntennさんの記事を読みながら、この子が目に入るんですが、心臓が破れるくらい辛いお話だと、つくずく思います。
その、辛い悲しい現場にボランティアとして活動されてる事は、本当に頭があがりません。ワンコの命がたたれないように、頑張ってください。

♪Kさん♪
本当に日本の法律は矛盾しすぎて、頭にきますよね。私もはっきりとした法律は知りませんが、manntennさんの記事を読んでそう思いました。
ご飯を与えないのが、虐待にならないなんて・・。おかしいですよね。
私達もできる事があれば、協力していきたいですね。

Pretty・・ありがとうございます。さくらちゃんみたいに、かわいー子になってくれるかな〜^m^
Posted by エルmama at 2005年11月01日 00:39
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/102274
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック